ヴィレッジ広場

「有機食品」って何ですか?

近頃、巷にあふれる「オーガニックフード」という言葉。なんだかカラダに良さそう、といったイメージがありますが、実は食品を「オーガニック」と呼ぶのには、法律によってきちんとしたルールが設けられています。今日はそんな「オーガニックフード」について、あらためて考えてみました。 「有機食品」って何ですか?

organic 【形】 有機(体)の、有機的な、有機物の

辞書を引くと「オーガニック」とは有機物全体を表す言葉。つまりわたしたち人間も含めて、この自然界で生物を構成する物質のほとんどが有機物からできています。また、「自然発生的な、生来の」という意味もあり、そこから派生して、農薬や化学肥料を使わないで育てた、という有機農産物をあらわす言葉になったわけですが、言いかえると、それだけ今の食品は自然界が本来生み出すものとはかけ離れてしまったということ。すべてのものが自然で、当たり前の姿であるならば、あえて「オーガニック」と名乗る必要もなかったのです。

何がほんとのオーガニックフードなの?

「有機食品」って何ですか? 今現在、国内で「有機」や「オーガニック」という言葉を表示できる農産物は、農林水産大臣に登録した第三者機関によって有機JAS認定を受けたものだけ。オーガニックという曖昧なイメージとは違い、食品に「有機」や「オーガニック」と表示するには厳格な審査が必要なのです。日本農林規格協会(JAS協会)の規定は以下の通りです。

 

有機農産物とは
  • 種蒔きまたは植え付け前2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用しない田畑で生産。
  • 遺伝子組み換え由来の種苗は使用しない
  • 原則として農薬・化学肥料を使用しないで栽培。

参加する消費者になろう!

では、この表示がない食品はすべて危険なのでしょうか?
そんなことはありません。良心的に昔ながらの有機栽培をつづけている実直な農家の方もたくさんいらっしゃいます。

有機JAS認定をとるには詳細な生産管理の記録や調査の費用が必要となり、それが農家の人々にとって大きなハードルとなっているのは事実です。しかしながら現在の法律では、こういった生産物と一般的に農薬を使って栽培された生産物との識別が難しいのが現状です。

現在、農産物の国内総生産物の中で、有機農産物のシェアはわずか0.1%程度。
これに日本の食料自給率の低さを考えあわせると、わたしたちの食卓をすべて「有機」食品だけで成立させるのは、現代ではほぼ不可能に思えます。しかしながら、農薬が現在のように日本で普及したのは1940年代からです。

つまりほんの数世代前までは、オーガニックは当たり前のことだったのです。大切なのは、わたしたち消費者が、自分で考え行動すること。消費はわたしたちができるもっとも簡単な社会活動です。

おいしくて安全なものを食べる。自分にとって、環境にとって気持ちのよいものを使う。そんなシンプルな選択が、自分や社会をどんどんハッピーにしていくのです。そしていつか、「オーガニックフード」が当たり前になって、認証なんていらない社会に戻る日がくるのかもしれませんね。

わたしからはじめる、小さくても大きなアクション

●食品は、有機農産物や特別栽培のものを積極的に選ぶ。
●信頼できる自然食品店や、顔の見える農家の方を探す。
●ベランダや、庭、市民農園などで、自分で野菜を育ててみる。
●洋服や生活雑貨も、自然素材やリサイクルできるものを選ぶ。
●そんな自分の暮らしを楽しむ!
TOP OF PAGE